2022/10/02

2.3時間くらい。労基法p.203-295。2時間ひたすら労基法の労働時間は疲れる。あと3日くらいで労基法はとりあえず1周終わる予定。そこから労災法と雇用保険法に入るイメージ。
きょうまた本屋に行って択一式の問題集を開きながら何か買おうかなと思って見てた。品揃えのいいところでは条文の穴埋め式の問題集も揃ってて演習に使えるな思った。
試験の仕上がりのイメージは見えてきているので、あとはどうやって、どういうスケジュール感でそのギャップを埋めるか。漫然とテキストの復習と付属の過去問集を進めているだけでは埋まらない気がしている。難しい。
とりあえずは毎日2時間前後の勉強を続けていきたいと思ってる。

2022/10/01

もう10月だ。勉強し始めて3ヶ月目くらいになる。不思議とちゃんと勉強の癖はついている。
今日は3時間くらい。労基法のテキストp.57-199。もちろん過去問集も一緒に復習。意外と記憶から抜けているけど焦らず学習。1時間あたり50ページくらいのペースで復習しているイメージか。明日には新しいテキストが届いてしまうけれど、まず先に労基法を1周終わらせてからとしたい。

朝井リョウ『発注いただきました!』(集英社文庫、2022)

企業からの発注内容をうまく満たしながら20本の小説やエッセイを作り出す朝井リョウがひたすらすごい。発注内容→作品→作者による解説という構成も斬新。小説を書いてもらおうとする企業なんて懐が深いし、企業案件というだけあってモヤっとしない終わらせ方なので読みやすいなんてのことを思う。朝井リョウってエッセイも面白いんだということ発見。

2022/09/29

1.5時間。安衛法p.185-207までやって、そこから労基法に戻る。p.3-p.56。ガンガン進めたつもりでもページ数がいかんせん多い。穴埋めに対応するには法律を印刷して、自作で穴埋め問題集を作った方がいいんじゃないかという気もしている。労基法の前半ってペース良く進められるけど記憶が弱いところはいつも間違えるので強く記憶に焼き付けるしかないのかな。

2022/09/28

今日、仕事中に猛烈に仕事がめんどくさくなって、どうせ評価もされないし、仕事がアホくさくなった。そのあとも仕事を続けたけれど、ふいにそういう気持ちになるときがある。その不安定さを除くためにも趣味として試験勉強することに意味がある気がしている。
ちょっと帰宅が遅くて、1時間の勉強。安衛法のテキストp.119-181と対応する肢別の過去問集。明日で安衛法を1周終えて、労基法に戻る予定。

2022/09/27

意外に在宅の日は在宅の日で終業後に勉強がしづらかったりする。今日は1.7時間くらい。
安衛法テキストp.49-124。似たような名前の資格がたくさんあって要件が割と細かくバラバラなのが覚えづらい。特に総括安全衛生管理者の使用労働者数が頭に残らない。なんか不思議だ。

2022/09/26

2時間くらい勉強。労働安全衛生法のテキストと過去問集を回す。p.154-207。p.3-48。思ったよりペース良く進められる。短期間に回すことで記憶の定着度合いがいい。今週と来週の頭にかけてで、労基法の復習も1周できそうな気がしてきた。